蒲田でセックス付きの夜遊び〜エロマッサージ屋とか飲み屋を探してみた

蒲田駅

 

こんにちは!エロ親父です(笑)

 

先日立川から大田区まで出てきて商談でした!

 

工場とジェット機の騒音が混じって激しく五感が刺激されました(笑)

 

特に蒲田周辺は硫黄臭まで!これが日本か?って感じです。

 

工場が多い=風俗が多い!これはセックスでも狙えそうだ!と思って調べてみると、ヒットするのはうさん臭い情報ばかり。

 

やっぱり蒲田はピンサロがメインなのは間違いありませんね。

 

蒲田駅東口から真っ直ぐ進むと、夜ならそのお下品なネオンがスグに確認出来ると思います。

 

蒲田のピンサロ

 

そこは通称ピンサロストリート(笑)

 

更に東口から左に曲がった所にも5〜6店舗営業しています。

 

西口も1店舗!頑張って営業中!です。

 

蒲田唯一!?のアタリ店だと囁かれていた「世界に一つだけの花」でした。

 

今回久々に訪問してみると「バーチャルジェネレーション」ってお店に変わっていました。

 

後日調べてみると「世界に一つだけの花」は五反田駅の方へ移転して営業してるみたいです。

 

何より蒲田のピンサロ店は自ら情報発信して営業する程、仕事熱心ではありません?(笑)

 

そんな訳でHPがないお店は勇気を持って開拓する必要があります。

 

しかし!世界に一つだけの花がなくなってしまった現在、遅漏な俺にそんな勇気ありません。

 

 

 

安さに負けて(殆どが30分4千円!)入店すると、相手してくれたのは50代のババアで本番を強要された!

 

なんて恐怖話もまことしやかに聞かれたので、今回は東口のキャバクラ「エリミタージュ」へ突撃。

 

 

相手してくれた女の子はか◯るちゃんって言って、スレンダーでフツーに街歩いていると目で追っかける程にかわいかったです。

 

せっせとアフターに誘ってみたけど、結局客も増えてきて上手くかわされてしまいました。

 

か◯るちゃんが不在の間、スマホを手にして開いたのは出会いアプリ。

 

 

ここまで来たら、ヤレる女を探して種だけ発射して帰ろうと息巻く俺です(笑)

 

すると「今蒲田東急ブラつき中〜w」と書き込みしてる女を発見!

 

レスを送ってみると、やっぱりの援交希望。

 

額は最初2万なんて言ってましたが、もう少し勉強して!とお願いすると15000円まで落としてくれました。

 

その東急に向かってみると、待っていたのはか◯る嬢に負けず劣らずの美人!

 

 

24才の派遣事務で、仕事終わってぶらついていたそうです。

 

俺の頭から足元までジロ〜って確認した後、開口一番「いきましょうか?」と言って真っ直ぐ向かったのは、エルってラブホでした。

 

 

口数がそんな多くない、いや、人見知りなのかも?無理してこっちから色々質問投げても「うーん、そーですね〜」とかで会話終了!汗

 

こりゃサクっとヤってバイバイが正しい!って訳で、即マン狙って抱きつくと。

 

「ちょっとシャワー浴びさせて下さい?」と言われて恐縮する俺でした汗

 

待つこと15分!バスタオルでカラダを隠した彼女が登場。

 

てっきり受け身かと思っていたら「ウチ、攻めの方がスキなんで」と言って、いきなりふにゃふにゃのペニスを咥えてきたからびっくり!

 

なかなか勃起しないペニスに業を煮やしたのか?指で乳首まで刺激してきました。

 

やっと目覚めたペニスさん、俺も久々に硬くなったのを見た気がします?(笑)

 

 

そこでアゴが痛くなったのか、ベッドへ倒れ込み「今度はウチの〜」って言ってパイパンのおマ◯コを露出して甘えた表情で訴えてきました。

 

久々の割れ目ちゃんにヨダレを流しながら飛びついた俺。

 

多少粘り気あったものの、無味無臭で美味しかったです?(笑)

 

性格が男勝りの彼女ですが、攻めてる最中は可愛い声を上げてヨガりまくってました。

 

これはもしや?とダメ元で写メをお願いしてみると「え〜プラス1000円」と言ってOKしてくれたのは意外でした。

 

まぁタダが良いに越した事はありませんでしたけど。

 

オナニーネタもゲット!後はイカせるのみ!とムスコが中折れしない事を祈りつつ、ピストンで突き上げました。

 

こりゃ苦戦するかも?と思っていると、挿入してわずか5分で「イッちゃう!!」とピク付く彼女。

 

面食らいましたが、次も同じ調子で突き上げると面白い位にイッてしまうんです。

 

 

俺ってこんなにセックス上手だったっけな?とついつい調子に乗ってました(笑)

 

まぁ最後まで射精出来なかったんですがね(汗)

 

「セックス上手ですね〜久々にこんなイッた」

 

腰を押さえて帰って行った彼女、その際、連絡先を交換してくれました。

 

こりゃセフレも夢じゃないかも?どんどん妄想が広がる俺です(笑)

 

利用したサイト

 

 

関連ページ